HOME>特集>つらい更年期障害を乗り越えよう!薬の力で症状を改善

つらい更年期障害を乗り越えよう!薬の力で症状を改善

悩む女性

ホルモン補充療法とは

閉経が近くなった女性は卵巣の働きが低下して、卵巣から分泌されるはずのエストロゲンが、十分に分泌されなくなります。エストロゲンという女性ホルモンが不足してしまうと、自律神経の調子が悪くなり、ちょっとした事でもイライラしたり、寝付けなくなったりする更年期障害に苦しむ事になりかねません。女性だけでなく男性も年齢を重ねると、ホルモンバランスが乱れやすくなりますから、更年期障害を発症しているかもしれないと感じたら、薬を使った治療を始めてください。ホルモン補充療法で体内のホルモンバランスを整えるだけでなく、睡眠障害なども同時に治療する事で、更年期障害の症状を大幅に軽減する事ができます。薬を使った治療は身体への負担も小さいので、仕事を続けながら更年期障害を治療する事も可能です。

悩む女性

薬はどんな人におすすめ?

めまいや頭痛に苦しまされていたり、耳鳴りが気になって寝付けなくなっていたりする時には、自分が更年期障害を発症しているかもしれないと疑ってください。更年期障害の症状が更に悪化してしまうと、めまいが原因で自動車の運転中に事故を起こしてしまい、命を落とす事になりかねません。めまいの症状が軽いから大丈夫だと安心せずに、すぐにでも薬を使った更年期障害の治療を始める事をおすすめします。判断力や集中力の低下も更年期障害の症状の一部ですから、最近は仕事に集中できなくなったと感じる人も、自分の体調の変化に注意をしてください。発汗や湿疹やドライアイなどの症状にも注意して、体調が少し変化しているだけと油断せずに、全身の変化を総合的にチェックする事が重要です。